名刺交換のポイント

いろいろな情報や印象を与える名刺

名刺はビジネスの世界では必須のツールで、特に営業等のように外回りをして初対面の人に対応する場合においては、その人の身分を証明するものになります。
どこの会社で働いているなんという名前の人で、どのような職種や役職であるかが記載されています。
初対面の挨拶においてはお互いに交換しますが、そこに書かれていることやデザイン性等が話のとっかかりになることもあります。
そういう意味では、営業トークにおいて、名刺は名前を示す以上の働きがあります。
企業によっては印象を良くするためにデザインに力を入れているところも多いです。
紙質や厚さという部分でも、交換をした際にすぐにわかります。
柔らかい紙を使用しているよりもしっかりとした厚さがある方が信頼感を得ることができやすいです。
色合いも白黒よりもカラーでデザインされた方がセンスの良さを感じたり、社名や名前等の配置に関しても、従来とは違うものは見た目にも新鮮で印象に残りやすくなります。
また自分の情報以外にも、裏面に企業の支店の一覧であたったり、扱っている商品や業務内容を記載したり、また海外と取引のある会社においては英字の名刺が書かれていることもあり、余白部分の活用方法は会社によって千差万別で特徴があります。

名刺は相手に合わせて、内容の違うものを用意します

バブルが崩壊して、もうすぐ四半世紀が過ぎようとしています。
この間に日本の企業の有り方は大きく変わってきました。
年功序列であった組織体制は崩壊し、正社員に代わり派遣社員や契約社員が入り混じる組織体となりました。
そうして、当初はトラブルが続発で社会問題にまでなった外国人雇用にも日本人は対応力を持つようになりました。
戦前生まれから戦後生まれの団塊世代が、企業の中核を支える組織体でしたが、彼らも定年退職となり組織体は平成生まれが増えております。
このような企業の組織変化に伴い、日本人が長く築いてきた名刺に対する考えも変わってきております。
初対面の人に、何はともあれ挨拶代わりに差し出すのはビジネスマスとしての礼儀でした。
これは、自己紹介をするもので、戦国時代であれば戦いの前には「名を名乗って正々堂々と戦おう」という武士の仕来りのようなものです。
ところが、この儀式が通用するのは日本だけで、他の国では不思議な顔をするものだったのです。
名刺の肩書や企業・出身大学などが通用するのは日本の国だけだったのです。
それよりも、あなたは「何ができる人なのか」に関心をもっていることに気が付き始めました。
若い人は、会う人に合わせた名刺を複数持っているのです。

Valuable information

お客様の声から生まれた医療用ウィッグを取り扱っています

医療用ウィッグ

女性誌「classy」にも取り上げられた婚活パーティーを東京などで開催中

婚活パーティー 東京

保険の不明点などを相談するための口コミランキングです

保険相談 口コミ

実力のある美容院を二子玉川でお探しならぜひ当サロンへ

美容院 二子玉川

不用品回収を相模原でお探しなら当社までご相談ください 対応エリアも掲載

不用品回収 相模原

プリザーブドフラワーを販売 長い期間楽しんで頂けるフラワーギフトです

プリザーブドフラワー

ビジネスホンを中心としたネットワークソリューションを展開

ビジネスホン

2015/8/28 更新