名刺の印刷

名刺の印刷をおこなう

仕事をする上では、初対面で会うということも多くあるのではないでしょうか。
自分の紹介をするために多く用いられているものが名刺となります。
自分の名前や地位や会社や顔を載せることによって、初対面であってもより効果的に自分の情報を伝えることが出来ることになります。
印刷を行うためには、専門業者に依頼をして行ってもらうという方法があります。
一枚からでも要望通りにしてくれますので、より仕上がりが良いものを作ってくれます。
名刺の印刷をするには、このような専門業者に依頼をするということも効果的になりますが、パソコンとコピー機と専用ソフトがあれば自作もすることが可能となっています。
名刺の印刷をするときには、自作をするのか、専門業者に依頼をして作成をしてもらうのかということを決めるようにしましょう。
このようなことを知っておくと、より効果的に自分の情報を相手に対して伝えることが出来て、仕事をスムーズにすることが出来るでしょう。

自由なデザインで小ロットでも印刷できるのが今時の名刺です

ビジネスの始めるうえで名刺は不可欠なツールです。
海外ではあまり使わないところもありますが、日本の場合、もし名刺がなかったら信用してもらいないというデメリットがあるでしょう。
働く人にとってそれほど大切なツールですが、どこでどのように作られているかについては、あまり注目されていないようです。
かつてのように街の印刷屋さんが写植機を使って活版印刷するという時代ではありません。
デジタル処理されたカラーイメージをそのままフィルムに落とし込んだ形でプリントされるのが現在の一般的な方式です。
したがって、版下を作る手間もかからずレタッチという職人技も不要になりました。
また、多品種小ロットに対応してくれるプリントショップが普及したため、大量に発注する必要もなくなりました。
デザインデータをパソコンで作り、これを業者さんにメールで送れば短時間に仕上げてくれるというのが今のスタイルです。
もはや、名刺を印刷するという表現も時代に合わなくなってきたといえるのではないでしょうか。

pickup

Last update:2015/9/16