名刺のサイズ

名刺のデザインとサイズで企業イメージが変わる!

ビジネスの始まりは名刺交換からです。
そのため「会社の顔」とも言われます。
ちょっとした特徴を持たせるだけで会話の糸口にもなり、いきなり本題に入らないためビジネスのお付き合いも潤滑になりやすいというメリットがあります。
シンプルにおしゃれに見せるデザインのコツは、大きすぎないこと、多色使いでないこと、必要な情報がしかるべき位置に配置してあることが大原則です。
縦書きでも横書きでも構いませんが、名刺入れからはみ出さないサイズであり、横書きであれば縦を細く、縦書きであれば横を細く見せたりサイズを削るとスタイリッシュにみえます。
地の色はシンプルな白で、コーポレートカラーを上手に効かしましょう。
デザイン性を高めようとして装飾過多になってしまうと、社名、名前、連絡先等を伝えるという本来の目的がおざなりになってしまいます。
その大原則を守りつつ一さじの遊び心があるとなおいいでしょう。
例えば、企業キャラクター等がいるのであればそれを印刷するのも手ですし、自身の好きな言葉等を印字してもらうのもいいでしょう。
あなたの会社のビジネスがより潤滑になるために、まずは名刺を見直すのもいいかもしれません。

名刺を作成したいならサイズやデザインにこだわって

名刺はビジネスにおいて必要不可欠なアイテムです。
自分や自社の印象を強く残すためにも、サイズやデザインにはこだわることをおすすめします。
尚、名刺を作成する場合、最適な方法は通信販売を利用することです。
なぜなら、自宅や会社にいながらサンプルを閲覧することができますから、じっくり選べます。
また、通信販売を行っているホームページはたくさん存在していますので、それぞれを比較することが大切です。
サンプルを見比べてデザインを確認することはもちろん、サイズや価格についてもチェックしましょう。
さらに、名刺が完成するまでの時間も重要ですから、納期についても確かめるべきです。
早急に注文しなければいけない場合は、必ず納期について調べましょう。
最短で作成を請け負ってくれるところもありますので、十分にホームページを閲覧することが大事です。
尚、正式に申し込む前に、見積書の提出をお願いすべきです。
見積もりは無料ですから安心です。

Favorite

美容室を砺波で探しているなら
http://waraku.co.jp/author/dear-nexus

2015/9/16 更新